みんなはどう処理している?様々な脱毛方法

自分で脱毛する場合のデメリット

ムダ毛の処理には様々な方法がありますが、自分で脱毛を行うなら、カミソリで剃る、毛抜きや脱毛ワックスで抜く、除毛剤で溶かすなどの方法がありますね。しかし剃るという方法では、ムダ毛はすぐに再生してしまいます。そして抜く場合は、次に伸びてくる際、毛が毛穴に埋まってしまう埋没毛を生じることがあります。溶かす方法は、薬剤を使うため肌の弱い人には向いていませんし、処理後の再生が早いというデメリットがありますよ。

レーザー脱毛の仕組みと注意点

医療機関で行う脱毛にレーザー脱毛があります。このレーザーは黒色に反応する単一波長で、肌に照射することで黒い毛に吸収されます。吸収された部位は熱を持ち、毛を成長させる毛母細胞が破壊されます。施術中に痛みを伴うこともありますが、事前に麻酔クリームを塗る医療クリニックが多いので、その点は安心です。ただし、メラニン色素が濃いデリケートエリアには向いていません。その他、脱毛したい場所に、濃いしみや黒いほくろがある場所は、医師に相談する必要があるでしょう。

エステサロンで行っている光脱毛

医療クリニックではなく、エステサロンで行う脱毛に光脱毛があります。光脱毛では、レーザーのように単一の波長ではなく、複数の波長を持つ光を照射します。一度に広範囲を施術できるため、特に背中の脱毛などには最適です。さらに皮膚への負担が軽いというメリットがあり、痛みもほどんどありません。ただ、出力が弱いと言っても、日焼け後の肌は敏感になっているため、避けた方が良いでしょう。その他、光脱毛は産毛の処理には向いていません。

濃いムダ毛や量の多いムダ毛をレーザー脱毛で減らしていけます。永久脱毛の効果があるので、回数を重ねていけばムダ毛を無くすことだって可能です。