施術前に要チェック!サーマクールを受ける場合の注意点

サーマクールは改良が進む

現在美容系クリニックでたるみ治療に用いられるサーマクールは、2000年初頭に開発され、それ以前ではメスを入れて治療を行っていたことから、切らずに行える画期的な方法として一躍全世界に広まった経緯があります。そして、日本国内でもその登場以来多くのクリニックに導入され、以後約20年に渡る実績のあるたるみの治療法となってます。また、これと同時にサーマクールは、改良も積極的に行われおり、現在のマシーンでは、より施術時の痛みを軽減し、一度に広い範囲を効率的に治療できるようになっています。もっとも、どのバージョンのマシーンを使用してるかはクリニックによる為、安心を買う点でも事前に確認してみると良いでしょう。

サーマクールは認定医の下で

サーマクールの施術を受ける場合に注意したい点の中には、独特の認定医制度が設けられている点も挙げられます。これは機器のメーカー側が認定するもので、サーマクールの正しい知識や取扱いなどを修得する為、専用のカリキュラムが用意されてます。このことから、サーマクールの施術を適切に扱えるのは、そのトレーニングを修了した認定医のみで、特にこれから施術先となるクリニックを探す場合には、メーカー純正の機器を採用し、認定医が治療を行うところを探すと良いでしょう。

サーマクールには適用できない部分も

サーマクールのメカニズムは、高周波の照射によりたるみ部分の皮下組織を加熱し、コラーゲン繊維の変性を利用して引き締めを図るものです。その為、高周波の照射及びこれによるコラーゲンの変性自体が期待できない部分に関しては、そのメカニズム上適用できないことに注意が必要です。具体的な箇所は、まぶたや目の下のクマなど主に目の周辺部分が挙げられます。もっとも、この他にも肌質等によってはサーマクールでの治療が向かない場合もある為、施術を受ける場合には、医師と良く相談してみることが大切です。

サーマクールは、高周波の電磁波を照射して肌の内部を焼き、細胞を活発にします。それにより、肌のツヤやハリをだす施術です。